MENU

出会いはメル友からで出会い系サイトのはしりの頃でした

出会い

主人との出会いは、なかなか人には言いにくい。

 

今から15年程前、まだメールはパソコンが主流で携帯のメールはカタカナだったころ。今で言えば出会い系、昔ながらに言えばペンパルですが、要は同じプロバイダー同士のメル友募集が出会いです。

 

当時はパソコンにあまり詳しくなかったので、忙しく殺伐とした職場の人間関係に疲れていた私は、気軽に日常の会話を出来る友達を純粋に探す目的で募集したのです。登録したらすぐにレスがたくさん来たのですが、目的の女性は1つもなく、全部男性で驚いたのを覚えています。

 

世間知らずで、純粋でしたよね。でもとりあえず無難そうな内容の方を5人ほど選び、返信したのですが、その中に主人がいました。

 

毎日他愛ない内容をやり取りしていると、嘘を書いている人や、内容に違和感がある人が分かるようになり、段々とメル友は減り、残ったのが主人です。

 

そのうちに直接話してみたくなり、思いきって電話番号を交換。話してみたら、メールでの会話との違和感がなく楽しく、電話友達にもなりました。

 

その次は直接会ってみたく、出先で待ち合わせをしてみたら、外見はイメージからずれてたものの、やはり会話すると違和感がなくて、普通に仲良しの友達になり、お互いに恋愛相談などもするようになったときには、一年位が経過していました。

 

お互いに失恋時期が重なり、話の流れで気軽な付き合いを始めることに。遠距離恋愛を三年近く続けての結婚です。

 

私達の場合は幸運にもそれぞれの直感がプラスに働き、順調な交際とゴールをむかえましたが、気軽と言えるメールといえども、お互いに相手に誠実に対応したからこそと思っています。

 

実際はトラブルになる方のほうが多いようですから。その結果、あまりにイメージが悪いので、お互いに出会いのきっかけは適当に誤魔化して現在に至ってます。

 

でも自衛隊との出会いがあったりするのでかなりおすすめではありますね。

更新履歴